社員からのメッセージ

いろんな人からのありがとうのために・・

写真

安 遙華

受注センター/2007年入社

私は注文を社内システムに登録し、生産計画から計画された製造日をお客様に回答しております。もちろん回答した納期についてお客様から納期短縮の依頼があった場合は、再度 生産計画に戻して、計画の練り直しを行ってもらいます。
つまり、営業と生産の情報橋渡し役であり調整力が重要となる職務です。
お客様の希望に沿えるよう納期の調整をしてもらい、その結果を伝えて「ありがとう!」と言われたときは、とてもやりがいを感じます。
担当する受注のハンドリングは一日数百件ですが、生産販売管理システムが構築されていますので、数百件あっても常に生産の進捗状況がお客様や営業部に伝える事ができ、「ありがとう!」といわれるため、正確な納期対応力を心がけ努めております。