社員からのメッセージ

品質を保ち、最大限の生産効率を発揮する工程

写真

武石 寿人

CMP 製袋チーム/1999年入社

私はインフレーションで製造された生地をカットしてシールをする製袋工程に従事しています。製袋工程は製造が完了次第、すぐ出荷となりお客様のところへ直接届く工程ですので、品質チェックの最終関所となっています。また生産効率も重要な管理ポイントなっており、品質とスピードがもっとも重要視される工程です。
従って、仕事のポイントとして、品質が保たれ最大限の効率が発揮されているか?作業が中断しないよう段取りが出来ているか?を頭に入れながら日々作業しております。そのような中で最前の方法をとり、自分に与えられた生産効率目標をクリアーしたときは、達成感に満ちあふれます。後輩のみなさんも任された仕事に責任をもって、前向きに自信をもって仕事に取り組んでください。もちろん私たちもみなさんをバックアップします。