品質保証体制

C-MAX PROCESS

C-MAX Process(Clean MAXimized Process)

とは、高い安全性を保証し、安心して使用できるポリエチレン包装材を提供するために開発された、林産業独自のクリーンな生産システムです。

  • Quality Control QC品質(ISO9001)
    品質保証の国際規格ISO9001で標準化される品質管理基準を全社に適用。常に改善を重ね成長するCMP品質のエンジンとして、C-MAX PROCESSを根底からささえます。
  • Function Control 機能品質
    昭和37年創業以来、数十年にわたる豊富な技術と経験から生み出される製品は、機能と使いやすさをバランスよく最大化します。
  • Sanitation Control 衛生品質
    C-MAX PROCSSは、人・機械設備・環境に対し、「軟包装衛生協議会」の衛生管理基準に基づき独自の管理を行い、あらゆる汚染から製品を守ります。

C-MAX Process: 生産環境の特徴

CMPインフレ第1・2工場

環境:
フィルタリング高循環陽圧システム
搬出入・入退室構造管理(エアシャワー・非直接出入等)

塵埃管理 NAクラス50000(非稼働時実測10000~30000/稼働時実測30000~90000)
防虫/防鼠/微生物管理体制

CMP印刷工場

環境:
フィルタリング高循環陽圧システム
搬出入・入退室構造管理(エアシャワー・非直接出入等)

塵埃管理 NAクラス50000(非稼働時実測10000~30000/稼働時実測30000~50000)
防虫/防鼠/微生物管理体制

CMP製袋工場

環境:
フィルタリング高循環陽圧システム
搬出入・入退室構造管理(エアシャワー・非直接出入等)

塵埃管理 NAクラス10000(非稼働時実測5000~10000/稼働時実測10000~50000)
防虫/防鼠/微生物管理体制

C-MAX Process: 環境管理の特徴

Cmaxプロセスで管理されるソフト面(管理基準書より抜粋)