R&D Research and Development

R & D(Research and Development)は、研究開発のセクションとして、お客様のニーズに応えて、原料の配合や検品・記録を含む工程までカスタマイズ。モノを作って売るのではなく、モノの創り方を売る。その創り方に目を向けています。

ストレッチフードフィルム

弾力性ある特殊ポリエチレンフィルムを、引き伸ばしながら荷物全体に被せ、密着させて抑える包装様式をストレッチフード包装という。使用されるフィルムがストレッチフードフィルム

シーラントフイルム

食品・日用消費品などのフィルム包装には、強度や機能性などを持つ基材フィルムと、密封するためのシーラントフィルムの複合フィルムが使用されている

バッグインボックス用フィルム

化成品や飲料などの液体の輸送形態にフィルムを内袋として使用。外包装がカートンボックスで、その内袋がバッグインボックス用フィルム

易カットフィルム

フィルム包装袋では、器具を使わずに開封ができるカット性が要求される。この目的で開発されたのが易カットフィルム

ガスバリアーフイルム

食品などの包装では、内容物が劣化せずに長期間保たれるロングライフが要求される。この目的で開発されたのが、ガス(酸素、炭酸ガスなど)のバリアー性のあるフィルム